便秘にならない生活習慣

便秘になるとお腹が張り苦しくなるので、肉体的にも精神的にもダメージが大きくなります。 できれば、便秘とは無縁の生活を送りたいものです。 生活習慣を見直し便秘にならない生活を心がけましょう。

まずは朝食を必ず食べることです。 朝は、胃腸の働きが一日の中で一番活発な時間帯なので、この時間帯に食事をすることで腸のぜん動運動の働きをよくすることができます。 忙しくて朝食を作る時間がない方には、バナナにヨーグルトを混ぜたものやシリアルなどがおすすめです。

食物繊維や乳酸菌などの栄養素を豊富に含んでいるので便通改善にも役立ちます。 野菜や果物をたくさん使った「スムージー」なども最適です。 また、夜更かしを避けて規則正しい生活を送ることで、排便のリズムも整ってきます。 よく寝ることができれば、朝もスムーズに起床できるので排便の時間の確保することができます。

たとえ、便意を感じなかったとしても毎日決まった時間にトイレに行く習慣を作ることが大切です。 排便のリズムを自分なりに作る工夫をしましょう。