便秘の良い解消法

便秘を発症した際、早く出そうという気持ちは強くなると思われます。 しかし、その考えが悪い解消法として便秘を解消しようとして、悪化してしまう原因にもなります。

そんな便秘の良い解消法とはなんでしょうか? 便秘が起きるメカニズムは食生活の偏りにあります。毎日お酒やラーメンなどの身体に良くない物を摂取すると一番に変化が現れるのが腸内です。

腸内の悪玉菌には塩分などは大好物であり、増加をさせてしまう要因となります。 ですので、食生活の改善を心がけていきます。 腸内に善玉菌を増やすために効果的な食べ物は食物繊維が豊富な野菜なので、毎日野菜を欠かさず食べる事で腸内の免疫力を整えていく事が出来ます。

また、乳酸菌を摂取する事で腸内の働きを手助ける事が出来ます。 乳酸菌はカルピスやヨーグルトといった野菜より比較的摂取のしやすい成分なので、毎日続ける事も出来ます。 即効性はないですが、毎日持続的に乳酸菌と食物繊維の摂取を行い、便秘を正しく解消していきましょう。おすすめ乳酸菌サプリ

便秘習慣になるのは朝寝坊

便秘になる生活習慣にはいろいろなことが関係しますが、その中でも最も注意しなければならないものとは朝寝坊です。これをしてしまう習慣があると便秘がちになってしまうことが多いのです。

なぜかというとトイレに行くための時間を十分に取ることができないからです。朝起きてすぐに便が出るのであれば問題ありませんが、多くの人は頭や体を動かしたりし始めるとやがてトイレに行きたくなり、便が出るはずです。

朝寝坊して慌てて外出の準備をするとどのようなことになるでしょうか。準備に追われて朝食なしかもしれませんし、ヘアスタイルを整えることが優先されたり、女性であればお化粧でしょう。どうしても便を出すことはが後回しになってしまうのです。

思いの中で便を出すということに集中できなくなるため、あるいはそれさえ忘れてしまうために便意を感じるどころではなくなってしまうのです。とりあえずトイレに行っても便はおそらく出ないので便秘になってしまうのです。できるだけ早起きすることが便秘解消には必要なのです。

しっかり食べていますか?

生活が不規則になると便秘になるような気がします。だから生活を規則正しくすることから便秘対策を始めています。たとえば、三食食べなかったり朝いつまでも寝ていて昼ごろから活動を始めるとわたしは便秘になりやすいです。もともとお腹の調子を崩しにくいタイプのわたしでも、三食食べないと便がスムーズに出てくれません。

一日二食しか仕事の都合などで食べられない日がたまにあるのですが、そういう日は便が出ないことがほとんどです。「便の元となるものがお腹に少量しか入っていないから便が作られなくて当然だ」と思いながら翌日になるのを待ちます。翌日になると便意を感じることがほとんどなので便意を感じたらすぐにトイレへ行きます。

いつものようにスッキリする感じは少ないですが、一応お腹にある便は出せるのでスッキリ感があります。でも、やはり三食しっかり食事をしている時のスッキリ感とは違います。このような経験から便秘で困っている人に言いたいのは「しっかり食べていますか?」ということです。

程ほどに便秘解消法を実践しましょう

怪我の後遺症の所為で体重を増やしすぎると膝への負担が大きくなるので、いくつかの体重のコントロール方法を試す中で必ずといっていいほど便秘の問題は立ちはだかってきます。乳酸菌サプリおすすめランキング

一番良くないのが食事量を制限して体重をコントロールする方法です。これは食事のかさが減るので、腸の蠕動運動でも便がうまく運ばれず宿便が溜まって代謝が落ち、肌がカサカサになるなど様々な悪影響があります。

女性は1週間から10日ぐらい出ないのが当たり前だと聞きましたが、正直信じられなかったというのが感想でしたが、百聞は一見ししかずというのは本当ですね。解決方法としてはカロリーは減らすけれども、きのこ類や海藻類など、あとはこんにゃくなどを料理に取り入れてカサは減らさないというのがポイントです。

重要なのは繊維質は水分を吸収して膨らむので、適度に水分を取りながらも腸閉塞にならないように、食物繊維のとりすぎ無いように注意することです。ちなみに叔父は昆布が体にいいといって丼いっぱいの昆布の煮つけを食べたところ、腸閉塞で夜中に救急車で運ばれていきました。

おなかはぽっこり派

食べても便秘で排出しないので、消化した気がしません。おなかはいつもぽっこりしていて、苦しい感じがします。空腹時でもおなかは出ているので、腸に食べたものが溜まっている気がするほどです。

それでもお腹はすくので、消化のいいものや便秘解消になる食品を食べています。私にとってヨーグルト、牛乳などは必需品になります。朝食べると効果的とサイトや本に記載されていますが、人によって体質もあるので同じ効果は得られないと思います。私は夜にホット牛乳を飲んで、朝にヨーグルトを食べることで改善が見られました。

便秘解消グッズやサプリメントもいろいろな種類が販売していると思いますが、口コミや高い商品にお金を払ってまで買う必要はないと思います。普段の食生活、運動などをこころがけていればいづれは改善すると思います。

後、一番大事なことがありました。トイレに行くときはいつも決まった時間ですると便秘のときはこのときに出そうという気持ちになるので試してみて下さい。

私の便秘対策

現在30代の会社員ですが、20代後半から便秘に悩まされるようになりました。それまでは一日に一度は便をしていましたが、徐々に回数が減っていき、最近は一週間に一度程度まで頻度が下がりました。

また、便の質も柔らかい便から硬い便に変わり、排便時には痛みが伴うようになりました。また、お腹の張りが日常的に続くようになり体はあまり良い状態ではありません。下剤の薬に頼っては根本的な解決にはならないと考え、日常生活を見直すことにしました。

特に改善を意識したのは食生活です。肉中心で野菜をあまり摂らなかった内容を野菜中心に変更し、果物や食物繊維も意識して摂るようしました。また、水分も多く飲むように意識し、ミネラルウォーターを家に常備するようにしました。

食生活だけでなく運動も意識して行っています。具体的には週末のジョギングと湯上り後の日々のストレッチです。 これらを数ヶ月程度の間意識的に行うことで、二日に一度程度の間隔まで排便頻度は下がってきました。

運動と食事で改善した便秘

便秘経験者です。現在は改善していますが、便秘真っ只中の時には毎日とても不快感がありいつも気持ちが悪かったです。

便秘が始まったのは、不摂生が続いて太って体重が+4㎏くらいになった時辺りから便通が悪くなり始めました。その時には、母に相談して便秘に効果的は料理を作ってもらうようになりました。主に、食物繊維が多い野菜を中心に和食を作ってもらいました。大根、こんにゃく、ごぼうをよく食べました。食生活を改善し、間食もやめました。

あと、他に運動も少し取り入れました。腹筋を毎日30回を目標としてました。初めのうちはやっぱり30回は難しいので10回くらいからスタートしました。数日試した後できそうに慣れてきた時に30回チャレンジして頑張るようになりました。1ヶ月くらいは続けられてその後もしばらくやってました。

腹筋がついてくると少しづつ改善していきました。運動も食事も両方そろって改善したという感じです。腹筋はあまりやらなくなってしまった今も、蒟蒻とか大根はヘルシーなのでよく食べています。

1週間以上の便秘

私は今まで自分が便秘だと思ったことはありませんでした。毎日か1日おきくらいには排便があり、排便時もスムースに排便できていました。もちろん下剤などは服用したことはありませんでした。

しかし、社会人になり一人暮らしをするようになりました。食生活は乱れ、仕事のストレスもありすぐに便秘になってしまいました。便は3日に1回出るか出ないかという感じで、これはまずいと思って排便があったかなかったかチェックするようになりました。

仕事の忙しさもあり、排便が出ていないことを放置していました。すると突然夜中に激しい腹痛に見舞われトイレへ駆け込みました。便が出そうだけど出ない。苦しんでいると今度は突然吐き気が出てきて、嘔吐してしまいました。よくよく考えてみると、1週間ほど排便がなかったのです。ここまで来て、ようやく私は自分が重度の便秘であると認めました。

それ以来、3日に1度排便がなければ下剤を服用するようにしました。それ以前に、食生活を改善し、水分なども多く取るように心がけるようになりました。

便秘にならない生活習慣

便秘になるとお腹が張り苦しくなるので、肉体的にも精神的にもダメージが大きくなります。 できれば、便秘とは無縁の生活を送りたいものです。 生活習慣を見直し便秘にならない生活を心がけましょう。

まずは朝食を必ず食べることです。 朝は、胃腸の働きが一日の中で一番活発な時間帯なので、この時間帯に食事をすることで腸のぜん動運動の働きをよくすることができます。 忙しくて朝食を作る時間がない方には、バナナにヨーグルトを混ぜたものやシリアルなどがおすすめです。

食物繊維や乳酸菌などの栄養素を豊富に含んでいるので便通改善にも役立ちます。 野菜や果物をたくさん使った「スムージー」なども最適です。 また、夜更かしを避けて規則正しい生活を送ることで、排便のリズムも整ってきます。 よく寝ることができれば、朝もスムーズに起床できるので排便の時間の確保することができます。

たとえ、便意を感じなかったとしても毎日決まった時間にトイレに行く習慣を作ることが大切です。 排便のリズムを自分なりに作る工夫をしましょう。

優しい大家さん

人生2回目の単身引っ越しをしました。田舎から都会に出てきて2年目のことでした。
2回目の引っ越しということで、要領は大体つかめており、数件の不動産屋を訪ねました。時間のあるかぎり不動産屋へ行き、たくさんの物件を見ました。

そのなかでとても気に入った物件があり、入居することになりました。猫を飼っていたので、敷金がとても高かったのが大変でしたが、なんとか引っ越しも業者に頼まずに終わり、猫と、彼と、新生活を始めました。

新しい賃貸は築20年ほどの少し古い建物で、二世帯住宅のような建物でした。そしてお隣に大家さんが住んでいました。 大家さんとの距離が近いこともあり、毎月家賃は手渡しでした。大家さんはそのたびにチョコレートやお菓子をくれました。自分の部屋へ向かおうと思うと、どうしても大家さんの家の前を通らなければならない立地が不便ではありましたが、優しい大家さんだったので安心していました。

ある日、引っ越しのため荷物を運んでいると、大家さんの家の前に飾っている置物を倒して割ってしまいました。直ちに大家さんにお詫びにいき、許していただけましたが、少し落ち込みながら、部屋に戻り、荷物の紐解きをしました。お昼ごろになると、ピンポーンと、来客を告げる音が聞こえました。

引っ越し後、初のインターホンの音です。 慌てて玄関へ向かうと、そこには大家さんがいました。「邪魔なものたくさんおいていてごめんね。これよかったら食べて。」と大きな袋を手渡してくれました。食パン1斤にお弁当が4つも。とてもビックリしました。そして、都会にもこんないい人がいるんだなと心が暖かくなった瞬間でした。